アピールに力を入れよう

雰囲気がわかるような写真

お客さんはお店を選択する時、外観や雰囲気を意識します。
自分の気に入るお店だったら、訪れたいと思うでしょう。
こちらから情報をお提供しないと、お客さんはどんなお店なのか判断できません。
積極的に外観や、雰囲気の写真をSNSに乗せてください。
店内の様子を写真に撮ることも大事です。
扱っている商品だけでは、お客さんの心を掴むことはできません。

経営時間が決まっているお店が、ほとんどだと思います。
休日の予定なども、SNSで伝えておきましょう。
伝えておかないと、休みの日にお客さんが訪れてしまいます。
お客さんの時間と体力が無駄になるので、悪い印象を与えるかもしれません。
SNSで、経営している時間や日時を伝えましょう。

住所をSNSに掲載する

どこにお店があるのか、詳しくSNSで伝えましょう。
わかりにくい場所に、お店を構えている人もいると思います。
言葉で住所を言うだけでは、お客さんが理解できないかもしれません。
きちんとお客さんが迷わずお店まで来られるように、目印になるものをSNSに掲載するといいですね。
いくつか目印があれば、お客さんはそれを辿って、お店に行くことができます。

SNSに、駅から徒歩何分と記載するのも集客効果を発揮できます。
近いところにあるなら、お客さんは駅に来たついでに、寄ってみようという気持ちになると思います。
電車を待っている間に、お店を覗くこともできます。
自分で実際に歩いて、駅まで歩いて何分ぐらいかかるのか調べてください。


この記事をシェアする